体温編

人間の体は、体温をコントロールして、常に一定に保つようになっています。

体温って?

人間は、恒温動物です。気温が低くても、高くても、自身で体温をコントロールして、常に一定に保つようになっています。寒かったらふるえたり、暑かったら汗をかいたりと、体の中でエネルギーを生産したり、熱を放散したりしてバランスを保ち、常に体温を“一定”に保つようにしています。

体温はわきで平均36.78℃だといわれます。体温を保つと体の機能が正常に働き、病気にかかりにくくなります。一方、体温が低い状態が続くと基礎代謝が低下し、内臓などの機能も衰えるため、体調も悪くなります。体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理のために大切なことです。

体温はどこで測っても同じ??

検温時間のめやす

人の体温は測定する場所によって違っています。体の表面の温度を「皮膚温」、脳や内臓などの体の内部の温度を「深部体温」といいます。「皮膚温」は、手足など体の中心から離れるほど、室温などの影響を受けて低くなります。
正確な体温を知るには深部体温の測定が必要ですが、体の内部なので簡単には測ることはできません。
そこで、体温を測ることができる場所として、通常はわき、口中、耳、直腸などで測定が行われます。わきの温度と直腸の温度には差があり、直腸の温度のほうが高く表示されます。

体温計について

体温計は、わきの下が体の内部と同じくらいの温度になった状態の平衡温*を測定します。平衡温を測定するには、わきをとじてから10分以上かかります。
このような「実測式体温計」の他に、独自の測定方法で平衡温を予測して測る「予測式体温計」や、耳で測定する「耳式体温計」があります。目的に応じて選ぶようにしましょう。

*平衡温とは:わきや口を閉じてから、体の内部と同じくらいの温度になった状態を「平衡温」と言います。

実測式と予測式について

「実測式体温計」は、わきの下の場合、わきをとじてから平衡温になるまで10分以上かかります。「予測式体温計」は、独自のセンサーと予測機能により、短時間で平衡温を予測します。
*予測時間はモデルによって異なります。

「予測式体温計」で予測検温したあとに、体温計をわきから取り出さずにそのまま計測し続けると、実測検温ができます。

前のページへ戻る

「基礎体温」は女性の健康の鏡です。

基礎体温とは

月経と排卵のサイクルを示す「基礎体温」
基礎体温とは、体の動きが一番安静な状態にあるときの体温をいいます。

基礎体温と体の関係

基礎体温の変化例

女性は月経や排卵に伴い、基礎体温が変動します。基礎体温を測定することで体のリズムを知ることができます。
具体的には、基礎体温の高い時期と低い時期があり、高い時期を「高温期」、低い時期を「低温期」といいます。月経が始まるころになると低温期となり、排卵の時期になると基礎体温は一番低くなります。排卵後には基礎体温は上昇して高温期となり、月経が始まるまで高い状態が続きます。

健康状態のよって基礎体温のリズムは変わります

基礎体温は女性の健康を示すバロメータでもあります。
忙しく不規則な生活が続いたり、精神的ストレス、肥満、過度の運動、病気などの影響が基礎体温のリズムに現れます。基礎体温を継続して測定することで、健康状態を知る指標にもなります。

基礎体温を知ろう

基礎体温を測定するには婦人用体温計を使って、口中(舌下)で測ります。
婦人用体温計の目盛りは0.01℃単位になっていて、微妙な変化も測定できます。毎朝なるべく同じ時間起き、目覚めてからすぐに体温を測定することが大切です。測定前に動いたり伸びをしたりしないようにします。そのため、夜寝る前には婦人用体温計を枕元に置いておくと良いでしょう。
測定した値は基礎体温表を使って記録を続け、妊娠や健康管理を知るのに役立ちます。

基礎体温を測定したら

基礎体温表ダウンロード

前のページへ戻る

Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてからご覧ください。

ページ上部へ