小林 剛大

「本当に求められているもの」に近づくために

所属
情報機器事業部 技術部 設計三課
氏名
小林 剛大
入社
2013年入社
出身学科
デザイン工学研究科 システムデザイン専攻

志望動機

モノづくりがしたい!

私はモノづくりがしたいという思いを持って就職活動をしました。そして、私自身の研究内容と関係深い事業を展開していたことや、シチズンで時計以外の電子機器をつくる意外性に魅かれました。入社を決めた理由は、自分にマッチした会社だと感じたからです。私の就職活動は長期決戦となり、その分様々な企業を見ることができましたが、なかなか内定がもらえず、「就活の軸」だとか言っていられない、「100社受ければ1社くらいは」という状況にまで追い込まれた時もありました。そんな状況下で唯一内定がもらえた会社が自分に合わないことはないと思い入社を決めました。

仕事内容

バーコードプリンターの「脳」の設計

バーコードプリンターのファームウェア設計の仕事をしています。ファームウェアは製品に内蔵され、製品の動作に関わる人間でいうところの「脳」に当たる非常に重要なものです。ファームウェアの実装作業は製品にどのような機能を持たせるか等の「仕様」を決めることから始まります。その仕様を基に処理の流れをフローチャートと呼ばれる図で書き、機能の実現性が見えて初めてプログラミングを行います。ソフトの仕事はひたすらプログラミングをおこなうイメージがありますが、「仕様決め」にかける時間が一番重要です。

仕事の面白さ・やりがい・成功体験

奥深い技術を学び、経験できること

これまでソフトウェアの仕事に関わってきて思うことは、「プリンターのファームウェアは奥が深い」ということです。ユーザー視点では、プリンターはデータを送れば絵や文字を印刷してくれる単純明快な機械ですが、内部ではモータやサーマルヘッド、センサといった各部品の制御や各種インターフェースのデータ通信処理などが連動し機能しています。そのようにプリンターひとつでも様々な組み込みの技術を学び、経験できることにやりがいを感じています。

キャリアプラン(目指す姿)

「知識」だけでなく「知恵」

目指す姿は「知識」だけでなく「知恵」を持ち合わせた人です。今はソフトウェアの分野で難しい課題にも食らいつき、技術力、経験を積んでいく段階だと考えています。ただそれだけではなく、数年後には培ったものを組み合わせた「知恵」を使って問題を解決、また新たな価値を創造できる「編集力」を身につけていたいと考えています。作業だけをするのではなく常に考える習慣が身につけば「本当に求められているもの」にも早く気づくのではないかと思います。

学生の方へのメッセージ

知識を得る就職活動

私の就職活動を思い返すと、「楽しさ:辛さ=2:3」となります。その楽しさの部分は何かというと、様々な会社を実際に見て回れたことです。会社に入ると他社を見る機会はほとんど無く、あるとすれば自社の事業と関係のある業界に限られます。実際に会社に訪問し雰囲気を感じ、その道のプロの話を聞くという体験は就職活動でしかできないことだと思いますので、知識を得るという意味でも活動できたら良いのではないでしょうか。その中で就活生の皆さんが自分に合った会社に巡り合えることを願っています。