シチズン・システムズ カテゴリーメニュー

シチズン・システムズサイト内の現在位置
CSR
HOME > CSR

ここからコンテンツがスタートします

社名に込められた想いを、CSR活動を通して実践するために。

シチズンの社名

シチズンの社名には、人と社会への想いが込められています。

シチズンの社名の由来は、シチズン時計株式会社の前身である尚工舎時計研究所の製造第一号懐中時計に付けられたネーミングにあります。1924年、当時東京市長だった後藤新平氏は、この懐中時計に、「世界の市民に愛され親しまれるように」との想いを込め、「CITIZEN」と名付けました。それから6年後、1930年(昭和5年)、その想いを社名に活かした「シチズン時計株式会社」が発足。そして、創設の想いを忘れないために「市民に愛され、市民に貢献する」という企業理念を掲げました。

CSR活動への取り組み

売上や収益を追求していくだけでなく、製品の安全性や環境への影響、人権や雇用への配慮を怠らないこと。企業を取り巻く数々のステークホルダーと手を取り合って共に歩んでいくこと。いま、すべての企業は「企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)」を果たすことが求められています。シチズンでは、企業理念を実践する形で、早くから企業の社会性を念頭に置いた経営を行ってきました。現在、シチズングループの企業行動規範を定めた「シチズングループ企業行動憲章」を制定し、シチズンに働く社員全員が、この行動憲章にしたがった事業活動に取り組んでいます。また2005年4月には、国連の提唱するグローバル・コンパクトへの参加を表明、2005年より毎年CSR報告書を発行するなど、シチズンはこれからもその社名にかけて、企業としての社会的責任を果たしていきます。

SRIファンドへの取り組み

シチズン時計は、SRI(社会責任投資)評価機関よりCSRに積極的に取り組んでいる企業として以下のSRIインデックスの構成銘柄に選ばれています。

  • エティベル投資ユニバース
    (2007年2月2日現在)
  • モーニングスター社会的責任投資株価指数
    (2007年2月1日現在)

※「モーニングスター社会的責任投資株価指数」は、モーニングスター株式会社が国内上場企業の中から社会性に優れた企業と評価する150社を選定し、その株価を指数化した国内初の社会的責任投資株価指数です。本株価指数は、それを構成する銘柄を含めて、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

環境管理活動

シチズンは人間社会と製品、地球環境との関係を見つめ続けます。1999年にはISO14001認証を取得し、「環境管理室」を設置。2001年からは、「環境報告書」を発刊。現在は2010年度をターゲットにした目標を掲げ、独自の基準で環境問題に取り組んでいます。


スポーツ時計

正確なタイム測定が求められるマラソンや駅伝などのスポーツで、シチズンは公式計時協賛を行っています。見やすく正確で信頼性の高いデータの提供で、社会に貢献しています。


シチズン・オブ・ザ・イヤー

市民に感動を与えた人、市民社会の発展や幸せ・魅力づくりに貢献した市民を選ぶ「シチズン・オブ・ザ・イヤー」。1990年以来、毎年表彰式が行われています。


紛争鉱物対応方針

"紛争鉱物"としても知られる、金、スズ、タングステン、タンタルなどの採鉱に関し、コンゴ共和国及びその周辺国において人権侵害や周辺の環境破壊を行う武装集団の資金源となっていることは国際的な懸念事項となっており、適切な対応が求められています。
私たちはシチズングループの一員として、国連グローバル・コンパクト、及び人権擁護、環境保護、労働安全・衛生、公正取引などを主眼とするシチズングループ行動指針を順守しております。私たちはその信念に則り、紛争鉱物への適切な対応を推進してまいります。私たちはその結果に基づき、海外子会社への必要なガイドライン確立を含め、適切な対応を早急に図るよう努力してまいります。