菊井 健弘

積小為大、信頼され戦力となる設計者に

所属
情報機器事業部 技術部 設計一課
氏名
菊井 健弘
入社
2013年入社
出身学科
理工学部 精密機械工学科

志望動機

身近な製品の開発に携わりたい

「身近な製品の開発に携わりたい」という漠然とした思いで様々なメーカーを模索している中で出会ったのがシチズン・システムズでした。シチズンのプリンタ?見たことない…と思っていましたが、なんとよく利用する飲食店のPOSプリンタがシチズン製品と知り、意外な発見に感激しました。また、採用試験で出会った社員の方々は皆温かく、ここなら安心して働けそうだと感じ、試験を重ねるごとに入社の意思が強まったことを覚えています。
現在入社4年目になりますが会社への印象は入社前と変わらず、上司や先輩方は温かく頼りになる方ばかりで、働きやすい職場だと感じています。

仕事内容

バーコードプリンタのメカ設計

情報機器事業部技術部設計一課というところでバーコードプリンタの開発をしています。主な仕事としてはメカ設計(外装設計、機構設計等)の業務ですが、メカ設計担当者は基本的に製品の立ち上げから量産まで一通り携わる為、実際は設計業務だけでなく、製品評価や金型メーカーとの打合せ、製品の量産立会い等、幅広い仕事ができています。現在はバーコードプリンタの新製品開発プロジェクトに所属し、メイン設計者として業務を任されています。

仕事の面白さ・やりがい・成功体験

自分で考えたものがカタチになる

私の部署は、製品の立ち上げから量産まで一通り携わることができるので、覚えることは沢山ありますがその分感じられるやりがいは大きいです。仕事のおもしろさと言えば、メカ設計の醍醐味である「自分で考えたものがカタチになる」ことです。思いついた形状があっても、限られた空間では実現できなかったり、金型の都合上難しい形状となり再検討したり…壁にぶつかることは多いですが、試行錯誤している時間は楽しいし、無事カタチになった時は大きな達成感があります。

キャリアプラン(目指す姿)

信頼され戦力となる設計者

設計者が一人前になるまでは10年かかると聞いたことがあります。実際私は入社4年目になる今でも新しく知ることは多く、仕事をしている中で幅広く深い知識を要することを実感します。
今はとにかく経験を積み、日々の仕事の中で知識・技術を習得し自分に自信をつけ、将来的には社内で信頼され戦力となれる設計者を目指します。
「積小為大」この言葉をモットーに、コツコツと日々の業務に励んでいきます。

学生の方へのメッセージ

自分をよく知る

学生のうちに、自己分析に力をいれてみてください。主観的、客観的に自分を見つめ直すことで、自分はどんな人間で何に興味があるかを明確にできると思います。自分が少しでも興味のあることを仕事にした方が目標を掲げやすく、高いモチベーションを持って働けるはずです。
また仕事に繋がる興味だけでなく、趣味やストレス発散法等を見つけておけば休日にリフレッシュできますし、また一週間頑張れます。(ちなみに私はテニスとヒトカラでストレス発散します!)
自分をよく知れば自信もつき、仕事もプライベートも充実した社会人生活を送れると思います。